やりたいことにまっすぐ、を応援するドット絵文房具メーカー「メルモール」

ブラッシュアップ手帳術 トップ画像

大きくなったら何になりたいって言ってましたか?大きくなったらもう何も選べない出来ない?そんなことはありません。メルモールでは、「やりたい」「なりたい」を実現する手帳術をご提案します。

メル

PLAN(計画)DO(実行)CHECK(評価)ACTION(改善)

PDCAは、PLAN(計画)DO(実行)CHECK(評価)ACTION(改善)をくるくると繰り返すことで、まるでらせん階段のように良くしていくためのやり方です。手帳でPDCAを使えば、あなたの目標に近付けます。

PDCAを回す

PDCA

PLAN

DO

CHECK

ACTION

PDCAをまわし、実行と改善を繰り返して加速する…最初決めたことをただただ継続するのではなく、考えながら続けます。「今回はこうだったから、次回からはもうちょっとこうしたほうが良いな」を繰り返して上向きに。

PDCAのメリット

解像度がUP

行動を促す

前例に習える

デメリット

手帳に便利

メリット...やみくもでわからないままの努力は不明点が多く、ゆくゆくは挫折します。目標や行動基準の明確化、効率や品質向上には持ってこいのやり方で、手帳に応用すると効果的です。

PLAN(計画)

具体的目標

シンプルに

5W1H

前例を参考に

PLAN

計画する「目標に対する解像度を上げて分解する」...「根性論」「やったつもり」から脱するには、分かりやすい数値を目標に掲げ、そこに到達するための具体的な行動計画をマクロ→ミクロの順で。評価のタイミングも決めましょう。

DO(実行)

ちゃんとやる

記録を残す

課題も記録

バイアス注意

DO

実行する「計画の通りにまずはやってみる」...何よりも実行がないと進みません。実行の順番も大事です。そして、やっていく途中で必ず記録し、感じたことや浮かんだアイディアがあればメモしておきます。

CHECK(評価)

数値比較

あいまいは×

要因分析

多元的評価

CHECK

評価する「状況をより詳しく知る者がいちばん強い」...より良い改善案を出すためには、評価が大切です。「数値に達した。良かった。今後も同じ調子で!」「何で?頑張ってるのに!」ではPDCAの意味がありません。

ACTION(改善)

プラスする

やめるor寝かす

変更する

次につなげる

ACTION

改善する「状況をより詳しく知る者がいちばん強い」...当初の計画で立てた「こうなるはず」と評価で「結果こうなった」の差から、どうすればより良い結果になるかを考えましょう。

手帳でPDCAを活用する

分解してToDoへ

重要or緊急

時間をとる

言語化する

便利

手帳でPDCAを使う方法...ToDoを上から順番に消化していくのではなく、重要度の高いもの・緊急性の高いもの(もしくは時間がかかるもの)から手を付けます。PDCAが使える手帳リフィルはこちら

PDCA以外のフレームワーク

OODA

マンダラート

PERT

KPT

思考が進む

PDCA以外で手帳に使えるフレームワーク...あなたの目標によっては、PDCA以外のフレームワークが向いている場合があります。手帳に使える代表的なものを紹介します。

補足記事

参考になる補足記事やページです。手帳でPDCAを利用するときに忘れないで欲しいのは「戦略は戦術に勝る」とい

うこと。PDCAはあくまで戦術において有効です。PDCAを回す前に戦略を定めましょう。

MELL MALL 2014-2022 All Rights Reserved.

スポンサーリンク